残念ながらコラーゲンは・・・

ほうれい線が気になって来ると、コラーゲン配合の化粧品やサプリメントに目が行き始めるでしょう。コラーゲンは美肌には必要不可欠な成分です。

皮膚は、真皮と呼ばれる部分が新陳代謝を司り、肌にハリや弾力を与え、水分を保持する役目を担っているのですが、その真皮の約70%がコラーゲンです。残念ながら真皮中のコラーゲンは、加齢と共に減少、劣化します。

溝が深まるのを食い止めたい

コラーゲン配合の美容液の類についてですが、コラーゲンはとても大きいので、表皮と呼ばれる皮膚の表面に塗っても、細かい表皮細胞の隙間から入り込んで真皮まで届くことはできないようです。それでも、コラーゲン自体が非常に高い保湿力を持っているので、塗ることで肌の表面の水分を保つという効果は期待できます。

しわの中でも乾燥による小じわなんかは、水分を補うことで解消されますので、それだけできめが整うかもしれません。

ほうれい線でも、まだ薄く浅い場合は、何よりもまず水分補給が先決なので、コラーゲン配合の化粧水や美容液、クリームをせっせと塗ったり、サプリメントを飲んだりして、溝が深まるのを食い止めたいところです。

直接真皮に注入するという方法も

しかしやっかいなのは、真皮の組織を崩して深く刻まれてしまったほうれい線です。こうなると、いくらコラーゲン物を塗っても飲んでもすっきり解消までは遠い道のりだと思われます。

表情筋体操、マッサージなどいろいろ手を尽くしても、もうすでに溝が深くなり過ぎて、自分の手には負えないという状態の人もいるでしょう。そんな場合は思い切って、ほうれい線の部分にコラーゲンを直接真皮に注入するという方法もあります。美容外科の分野です。

コラーゲンの注入自体は簡単で、極細い針を使用するので痛みも少ないようです。しかし、効果は半年ほどで切れて、また溝の深いしわに戻ります。

たまにアレルギーを起こす人もいます。コラーゲン注入を検討する場合は、納得いくまで担当医師のカウンセリングを受けましょう。

Copyright (C) 2007 ほうれい線について〜マッサージ方法. All Rights Reserved.