ほうれい線の予防や解消に効果が

ほうれい線がくっきり目立ってしまう一番の原因は、「たるみ」です。顔が全体的にたるんでいると、ほうれい線を深くするだけでなく、表情自体が暗くなり、不機嫌な印象になってしまいます。

たるみは、表情筋と呼ばれる顔面の下の筋肉が衰えることが主な原因となって起こります。歳を取ることで衰えてしまった表情筋でも、体操で鍛え直すことで、もう一度引き締めることができます。

表情筋体操は、ほうれい線の予防や解消に大変効果があります。

体操の方法はたくさん

表情筋の中でも、ほうれい線に関係しているのは、頬の辺りの筋肉です。頬の辺りの体操の方法はたくさんあります。

大きな口を開けてアイウエオなど、いろんな口の形を、上を向いたりあごを首にうずめたりしながらやります。

口いっぱいに空気を溜めたり、すぼめたりするのも効きますし、大きな「イ」の形に口を広げ、閉じ、歯を食いしばる、という動作も効果があります。

ポイントは、「お、今ここの筋肉を使ってる」と感じながら、ゆっくりひとつひとつの動きを丁寧にやることです。実際に顔のあちこちを動かしてみて、気持ちいいと感じる動作を発見すると、続けやすいかも知れません。

習慣づけよう!

顔のたるみは、顔面だけでなく、首の筋肉の衰えも関係しています。首も一緒にストレッチしましょう。首を、上下に伸ばし、左右に傾げ、グルグル回す。昔から馴染みあるラジオ体操と同じです。

これらの体操はとても簡単で、いつでもどこでもできます。立っていても座っていてもできるので、お料理中でも、テレビを見ながらでもいいわけです。しかし、エクササイズの類は、何よりも根気よく続けることが大切です。湯船の中でする、とか朝の仕度をしながらする、など、習慣づける為に、自分なりの工夫してみることです。

ほうれい線解消に確実な効果を得たい人や、美容グッズが好きな人には、パクッと口にはめて噛み噛みするだけで、必要な筋肉が鍛えられる、おしゃぶり状の器具も販売されています。

Copyright (C) 2007 ほうれい線について〜マッサージ方法. All Rights Reserved.