残念ながら食物から摂ることができません

皮膚は、表皮と真皮に分かれます。表皮は表面部分で、真皮はその下にある内部組織を指します。真皮が、表皮の新陳代謝をコントロールしています。

真皮は、コラーゲンとエラスチン、ヒアルロン酸でできています。コラーゲンとエラスチンはたんぱく質、ヒアルロン酸はゼリー状のムコ多糖類です。

これら三つの真皮の成分が、肌の弾力やハリ、瑞々しさを作り出しています。ヒアルロン酸は、特に保湿効果の高い成分で、皮膚の中の水分を保持する役割を担っているようです。

ヒアルロン酸の水分保持力は、年齢と共に低下していきますので、歳を取るにつれて、肌から潤いがなくなっていくのはその為です。ヒアルロン酸は、残念ながら食物から摂ることができません。

ヒアルロン酸の直接注入

ほうれい線の溝に、ヒアルロン酸を直接注入するという方法があります。注入した途端にその部分が瑞々しく盛り上がり、ほうれい線が目立たなくなるというわけです。

コラーゲンを注入するより、アレルギーを起こす心配が少なく、また効果も平均的にコラーゲンより長いそうです。長いと言っても一年程度なので、効果が薄れてくれば、再度注入を検討しなくてはなりません。

ボトックスはどうか?

ほうれい線の外科的治療を考える時、コラーゲン、ヒアルロン酸の注入と並んで、ボトックスと呼ばれる成分の注入も選択肢に入ってくるでしょう。ボツリヌス菌毒素から抽出したもので、打った部分の神経を麻痺させる成分です。

しわは表情を作ると表れるのだから、しわが表れない程度のうっすらした表情しかつくれないように、微妙なさじ加減で表情筋を麻痺させてしまおうという発想です。欧米では、一般的なしわ取り方法としてよく知られているそうです。

効果が持続するのは、半年前後といったところでしょうか。ただし、ボトックスの場合は、表情を作る時に表れるしわに対しては大変有効的ですが、黙っていてもくっきり目立ってしまうような深いほうれい線には、劇的な効果は期待できないようです。

Copyright (C) 2007 ほうれい線について〜マッサージ方法. All Rights Reserved.