「ハ」の字に走るしわのこと

「ほうれい線とは?」と聞かれた時、すぐに正しく答えられる人より、何のことかピンとこない人の方が多いかも知れません。ほうれい線とは、小鼻の両脇から唇の両端に伸びる二本の線のことをいいます。つまり、鼻を挟んで顔面の真ん中を「ハ」の字に走るしわのことです。

漢字では、「法令線」と書くのが一般的なようですが、「豊齢線」と表記する場合もあります。「法令線」の方は、特に人相学で用いられています。医学用語では、「鼻唇溝(びしんこう)」という名称になります。

黙っていても目立つように

ほうれい線は、中年以上の歳を取った人に現れてくるしわ、と思われがちですが、中年になって突然出現するしわではありません。若い人にはもちろん、赤ちゃんの顔にもあるのです。

若い頃までは、このしわが、浅く、薄く、目立たないけれど、中年になるにつれ、だんだん深く、くっきり刻まれてきて、黙っていても目立つようになる、というわけです。

同じ年齢でも、肌が明るく健やかな人と、しみやしわがあったり、くすんだり、たるんでいる人では、肌の健やかな人の方が、断然若く見えますよね。つまり、どれだけ若く美しく見えるかは、肌の状態で大きく左右されるということです。

特に、ほうれい線が目立っているかどうかは、老け度合いを測るのに最も重要なポイントで、ほうれい線が目立っている人は、そうでない人より、見た目の年齢が、軽く5歳は上がる、と言われています。

実年齢よりも老けて見られる

ある程度の年齢になった女性にとっては、実年齢よりも老けて見られることは大変ショックなことです。ほうれい線は、人相学的に見れば、特に仕事面での吉相と位置づけられているそうですが、いつまでも若々しく、美しくありたいと願う女性にとっては、落ち込んでしまうほどの悩みの種です。

人は平等に歳を取りますが、努力次第で、若々しく、美しくいられるのもまた事実です。ほうれい線が目立ってくる原因を理解し、予防、対策をし、日頃から正しくケアしていきましょう。

Copyright (C) 2007 ほうれい線について〜マッサージ方法. All Rights Reserved.