やはり外科的な方法

深く刻まれたほうれい線を解消するには、どれくらい酷くなってしまったかによりますが、生活全般を改善すること、表情筋の体操、マッサージ、アンチエイジングの化粧品の使用など、いろいろな方法があります。

ただし、それらの効果が表れるまではやはりそれなりの根気と時間が必要になるでしょう。効果が表れるまで待っていられない、または、くっきり刻まれ過ぎていて自分の手では治せない、でも絶対諦めたくないと苦しんでいる人もきっと多いはず。

ほうれい線の溝をすっきり解消させるのに、一番効果があるのはやはり外科的な方法をとることでしょう。美容外科の分野です。

効果の持続に限りが

プチ整形とは、メスを使わない簡単な整形のことですが、しわ取りもプチ整形でできます。ほうれい線の溝に直接コラーゲンやヒアルロン酸を注入する方法です。

コラーゲンとヒアルロン酸は、もともと真皮にある成分で、肌に弾力やハリを持たせ、肌の水分を保つ役割を担っているものです。歳を取ったり、紫外線の影響などで、これらの成分は、減ったり、劣化したりします。しわをはじめ、肌の老化やトラブルはこれらの成分の減少や劣化と大きな関係があります。

減ってしまったこれらの成分を、極細い注射で直接しわの部分に注入し、補うことで溝を埋める、といった発想です。しかし、注入された成分は徐々に肌の組織内に定着し、やがて吸収されていくので効果の持続に限りがあります。持続期間には個人差がありますが、定期的に注入を繰り返すことになるようです。

効果は半永久的に続く?

プチ整形で、全然間に合わないくらいの深いしわの場合は、顔の皮膚を切って、しわを伸ばすように吊り上げるという手段もあります。フェイスリフトと呼ばれ、効果は半永久的に続くと考えられています。

どの施術を選ぶかは、個人の希望、体質、ほうれい線の状態によって異なります。それぞれのいい点やリスクを自分自身でもよく勉強し、納得できるまで医師のカウンセリングを受けましょう。

Copyright (C) 2007 ほうれい線について〜マッサージ方法. All Rights Reserved.